WordPressサイト制作発注時の3つの選択肢:メリットとデメリット徹底比較

WordPressは、世界で最も人気の高いCMS(コンテンツ管理システム)の一つであり、企業や個人によるウェブサイト制作に広く利用されています。しかし、いざWordPressサイト制作を発注しようとした際、様々な選択肢があり、最適な方法を選択するのは難しいと感じる方も多いでしょう。

そこで今回は、WordPressサイト制作発注時に検討すべき3つの主要な選択肢と、それぞれにおけるメリットとデメリットを詳しく解説します。

1.カスタマイズできない市販テーマを使う場合

市販テーマとは、あらかじめデザインや機能が設定されたWordPressテーマを指します。多くの場合、低価格で導入でき、初心者でも簡単にウェブサイトを構築することができます。しかし、カスタマイズできる範囲が限られているため、デザインや機能にこだわりたい場合は不向きです。

メリット

  • 低価格で導入できる
  • 初心者でも簡単にウェブサイトを構築できる
  • デザインやレイアウトのバリエーションが豊富
  • 定期的なアップデートにより、セキュリティ対策や機能改善が期待できる

デメリット

  • デザインや機能を自由にカスタマイズできない
  • 他のサイトとデザインが似通ってしまう可能性がある
  • 高度な機能を実装したい場合は、別途プラグインが必要となる場合がある
  • セキュリティ対策や機能改善は、テーマ開発者に依存する

2.ブロックエディターが主体で構築できる市販テーマを使う

ブロックエディターは、WordPress5.0以降で導入された新しいコンテンツ編集機能です。あらかじめ用意されたブロックと呼ばれる要素を組み合わせることで、直感的にウェブサイトを構築することができます。近年は、ブロックエディターを主体とした市販テーマも増えており、デザインや機能をある程度カスタマイズすることができます。

メリット

  • カスタマイズできない市販テーマよりも自由度が高い
  • ブロックエディターで直感的にウェブサイトを構築できる
  • デザインや機能のバリエーションが豊富
  • 定期的なアップデートにより、セキュリティ対策や機能改善が期待できる

デメリット

  • カスタマイズできる範囲は、テーマによって異なる
  • 高度なカスタマイズには、HTMLやCSSの知識が必要となる場合がある
  • ブロックエディターの使い方が複雑と感じる人もいる

3. フルコーディングでWordPress化する場合

フルコーディングとは、HTML、CSS、PHPなどのプログラミング言語を用いて、ウェブサイトをゼロから構築する方法です。デザインや機能を完全に自由度高く作成することができますが、専門的な知識と技術が必要となります。

メリット

  • デザインや機能を完全に自由度高く作成できる
  • 将来的に拡張や改修しやすい
  • セキュリティ対策や機能改善を自分で行うことができる

デメリット

  • 開発に時間がかかる
  • 専門的な知識と技術が必要
  • 開発コストが高くなる

まとめ

WordPressサイト制作発注時に最適な方法は、予算、目的、デザインへのこだわり、そして技術力によって異なります。

  • 低価格で短期間にウェブサイトを構築したい場合は、カスタマイズできない市販テーマがおすすめです。
  • ある程度デザインや機能をカスタマイズしたい場合は、ブロックエディターが主体で構築できる市販テーマがおすすめです。
  • デザインや機能を完全に自由度高く作成したい場合は、フルコーディングがおすすめです。

それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、ご自身のニーズに合った方法を選択することが重要です。

補足

上記以外にも、WordPressサイト制作発注には様々な選択肢があります。例えば、専門の制作会社に依頼したり、フリーランスのエンジニアに依頼したりする方法もあります。

また、WordPressには、様々なプラグインと呼ばれる拡張機能が用意されています。プラグインを導入することで、ウェブサイトに様々な機能を追加することができます。

WordPressサイト制作について、より詳しく知りたい場合は、以下の情報も参考にしてください。

関連記事

カスタムフィールドのためのWordPressプラグインのおすすめ

朗報!弊社ウェブサイト制作が補助金対象になりました!

ワードプレスの下層ページは表示されるけど、トップページが表示されないときの対処法

おすすめ記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 社用車が駐車場でぶつけられたときの対処法:私の体験談

  2. リスティング広告運用を成功させるための3つのポイント

  3. Googleマップで複数の場所を表示する4つの手順

  1. 朗報!弊社ウェブサイト制作が補助金対象になりました!

  2. TCD テーマ nano 購入の手順

  3. ドメイン費を永久無料で取得する方法を画像付きで紹介します。

PAGE TOP